天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

3年でセブンに切り替え/JR四国の駅コンビニ

2014/07/09 14:37

 セブン―イレブン・ジャパンとJR四国は9日、業務提携を正式に発表した。JR四国の子会社、四国キヨスク(高松市)が運営する駅ナカのコンビニなど計36店舗を約3年かけて「セブン―イレブン Kiosk」に切り替える。

 高松市で記者会見したセブンの井阪隆一社長は「セブンは四国では後発で、これからという時期に提携を結べてうれしい」と語った。JR四国の泉雅文社長は「キヨスクは土産品の販売比率が高い。(セブンに)切り替えた後も土産品を扱えるということで提携に至った」と説明した。

 8月6日開店の宇多津駅店(香川県宇多津町)を皮切りに、切り替えを順次進める。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.