天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

イオン3〜5月、90%減益/セブン&アイは最高益

2014/07/04 19:51

 流通大手2社のイオンとセブン&アイ・ホールディングスの2014年3〜5月期連結決算が4日、出そろった。イオンは主力の総合スーパーの不振が響き、純利益が前年同期比90・1%減の13億円となった。一方、セブン&アイは5・6%増の395億円で過去最高を更新し、明暗が分かれた。

 イオンの売上高にあたる営業収益は17・2%増の1兆7130億円で過去最高だったが、本業のもうけを示す営業利益は35・3%減の224億円だった。

 来店客の減少や消費税増税の影響などで、総合スーパー事業と食品スーパー事業が営業赤字に転落したことが響いた。総合金融事業は好調だった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.