天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

中・西日本の電力6社「余力」増/夏の需給確保、予断は許さず

2014/07/04 19:47

 中部、西日本の電力6社は、今夏の電力需給の逼迫に備えて供給余力(予備力)を積み増し、新たに計55・3万キロワットを確保した。態勢は強化されたが、それでも火力発電所1基相当。フル稼働を続ける老朽火力のトラブルなどで状況が一気に深刻化しかねない上、上積み分の大半は企業の使用抑制を当てにしており、依然予断を許さない。

 東日本大震災後初めて、国内で原発の稼働なく迎える夏。原発依存度が高い関西電力や九州電力を含む中・西日本は、東京電力から電力融通を受けることで、需要に対する余力を示す予備率を地域で3・4%とし、最低限の目安3・0%をクリアした。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.