天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

V―Low放送の機器展示/災害情報に活用

2014/07/03 18:27

 V―Lowマルチメディア放送を受信する防災ラジオ=3日午後、福岡市博多区
 V―Lowマルチメディア放送を受信する防災ラジオ=3日午後、福岡市博多区

 九州放送機器展が3日、福岡市の福岡国際センターで開かれた。2014年度中に福岡県を皮切りに開始予定の「V―Lowマルチメディア放送」を受信し、災害時に自動で起動して自治体の緊急放送を伝える防災ラジオなどを展示している。4日まで。

 V―Low放送は、テレビが地上デジタル放送に完全移行したことで空いた周波数帯を活用。音声や映像、データを同時に流せるのが特長だ。V―Low放送を推進するエフエム東京の小田慎也開発部長は「緊急時の自動起動と、聞き逃しても画面にデータが残るという二つの機能は、防災に威力を発揮するはず」としている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.