天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

車やロボットでEUと規格統一へ/政府が検討、量産でコスト減に

2014/07/03 11:31

 自動車や医療・介護ロボットなどの分野で、日本政府が欧州連合(EU)と、規格や規制を統一する方向で検討を始めたことが3日、分かった。部品の基準などを共通化し輸出入しやすくすることで、量産化を通じたコスト低減につなげる。

 2日から2日間の予定で、ブリュッセルで専門家会合を開催。自動車では燃料電池車などの規格統一が検討対象となる。そのほか、化学物質の管理や個人情報の扱いも議論する見通し。EUと統一できれば、米国やアジアにも拡大し、国際標準につなげたい考え。

 国内企業からも規格統一への期待は高い。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.