天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

火災保険、自然災害増で値上げへ/15年度にも3・5%

2014/07/02 18:22

 損害保険各社でつくる損害保険料率算出機構は2日、火災保険の保険料を設定する際の基礎となる「参考純率」を平均3・5%引き上げると発表した。自然災害の増加などで保険金の支払いが増加しているため。損保各社は個別に値上げ幅を検討し、2015年度中にも住宅向け火災保険料を上げる見通しだ。

 火災保険と同時に加入する住宅向け地震保険の保険料も7月に全国平均で15・5%上がったばかり。

 機構によると、参考純率の引き上げは05年以来9年ぶり。台風やひょう、雪害のほか、水道管の老朽化に伴う水漏れ損害などに対する保険金の支払いが拡大した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.