天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

新幹線公衆電話で過大徴収/NTTコム、差額返金へ

2014/07/02 12:42

 NTTコミュニケーションズ(東京)は2日、新幹線車内の公衆電話の通話料金を過大徴収していたと発表した。携帯電話にかけると、10円当たりで通話できる時間を誤って2〜4秒短くしていた。利用者の申し出を受けて差額を返金する。

 過大徴収があった路線は、JR東日本の東北新幹線、上越新幹線、長野新幹線、山形新幹線(東京―福島間)、秋田新幹線(東京―盛岡間)とJR九州の九州新幹線。公衆電話の機器の設定作業で気づいた。

 JR東日本の新幹線では過去1年以上、九州新幹線では2011年から過大に徴収していた。

 問い合わせはフリーダイヤル(0120)506330。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.