天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

郵便事業、14年度赤字に/かんぽの宿、追加売却も

2014/03/31 20:01

 日本郵政と、傘下の日本郵便は31日、2014年度の事業計画を発表した。日本郵便は、宅配便サービス「ゆうパック」の取扱数の増加などにより営業収益の増収を見込むが、全国で老朽化した郵便局の一斉改修に着手するため、純損益は267億円の赤字(13年度は110億円の黒字)見通しとした。

 総務省が同日、計画を認可した。日本郵便は経営合理化を進め16年度までの黒字転換を目指す。

 日本郵政は、運営する宿泊施設「かんぽの宿」と「かんぽの郷」について、不採算施設の追加売却を検討することも盛り込んだ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.