天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

ロボットスーツ開発企業が上場/医療、介護で活用期待

2014/03/26 18:50

 東証マザーズに上場したサイバーダインの山海嘉之社長(左)とロボットスーツ「HAL」を着用する男性=26日午後、東京・日本橋兜町の東京証券取引所
 東証マザーズに上場したサイバーダインの山海嘉之社長(左)とロボットスーツ「HAL」を着用する男性=26日午後、東京・日本橋兜町の東京証券取引所

 医療や介護などの分野で活用が期待されるロボットスーツ「HAL」の開発、製造事業を手掛けるサイバーダインが26日、新興市場の東証マザーズに新規上場した。

 筑波大大学院の教授も務める山海嘉之社長は、東証内で開いた記者会見で「新産業を創出して、世界展開を進めたい」と抱負を述べた。ロボット分野は次世代産業として成長が期待されており、HALは日本企業の技術の高さを示す製品として注目されている。

 同社株の初値は公開価格(3700円)の2・3倍の8510円で、26日の終値は9600円だった。

 サイバーダインは2004年の設立。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.