天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

金融庁、大手生保4社に一斉検査/暴力団取引の遮断確認へ

2014/03/26 17:21

 金融庁は26日、日本生命保険など生命保険大手4社に対し、一斉に検査に入ったことを明らかにした。みずほ銀行が暴力団関係者への融資を放置した問題を踏まえ、反社会的勢力との取引を断ち切る法令順守体制を整備しているかを重点的に確認する。

 金融庁は昨年9月に公表した新たな検査方針で、業務形態や規模ごとに、同じ検査官が共通の検査項目を各社横断的に調べる方針に改めた。この新方針に基づき、生保大手を検査するのは初めてとなる。

 金融庁が25日付で検査に入ったのは日本生命のほか、第一生命保険、住友生命保険、明治安田生命保険。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.