天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

日豪EPA、閣僚が会談/牛肉関税の合意持ち越し

2014/03/26 12:51

 林芳正農相は26日、オーストラリアのロブ貿易・投資相と農林水産省内で会談し、2国間の経済連携協定(EPA)の合意に向け、大詰めの交渉を行った。焦点である牛肉関税の取り扱いを中心に話し合ったが、ロブ氏は会談後、記者団に「議論が残っている」と述べ、合意には至らなかったことを明らかにした。

 林農相に続き、甘利明・環太平洋連携協定(TPP)担当相もロブ氏と個別に会談した。

 オーストラリアは、日本が輸入牛肉に課している38・5%の関税を半分の水準に引き下げるよう要求しているが、日本はこれを拒否し、溝が埋まっていない。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.