天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

日米が関税協議を再開/27日からワシントンで

2014/03/25 08:44

 【ワシントン共同】米通商代表部(USTR)は24日、環太平洋連携協定(TPP)交渉で日本が関税撤廃の例外化を目指す重要農産品をめぐる日米の事務レベル協議を、27〜28日に首都ワシントンで開くと発表した。

 今月11〜12日に開かれた前回の協議を再開し、主張の隔たりを埋める作業を続ける。

 日本から大江博首席交渉官代理、米側からカトラー次席代表代行が参加する。作業部会での議論は26日から始める。

 前回の協議では、米側の関心が高い牛・豚肉の関税引き下げを中心に議論した。大江氏は協議後に「隔たりはかなり大きい」と述べて、協議継続の見通しを示していた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.