天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

JPX、統合デリバティブ始まる/大阪取引所に改称

2014/03/24 09:49

 お披露目された「大阪取引所」の看板=24日午前、大阪市中央区
 お披露目された「大阪取引所」の看板=24日午前、大阪市中央区

 日本取引所グループ(JPX)の大阪証券取引所は24日、東京証券取引所の国債先物などデリバティブ(金融派生商品)を統合し、名称を「大阪取引所」に改めて取引を始めた。

 新たにインドの代表的な株価指数の先物を上場。商品ラインアップを強化し、2015年度までに年間取引高を12年度の約1・5倍の4億単位に引き上げる。

 東証から移管したのは、国債先物のほか、東証株価指数(TOPIX)先物と同オプションなど。4月には休止していた超長期国債の先物取引も復活させる。

 JPXは22日にシステムの最終チェックを実施し、統合に支障がないことを確認した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.