天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

中小企業の46%、今もXP使用/大阪信金の調査

2014/03/20 17:00

 大阪信用金庫は20日、4月9日でサポートが終了する「ウィンドウズXP」の使用状況を取引先中小企業に尋ねたところ、現在もXPを使っている企業は46・0%で、うちサポート終了後も「このままXPを使う」と回答したのは53・5%だったと発表した。

 サポート終了後はウイルス感染などの危険性が高まるが、中小企業の多くで対応が遅れている実態が浮き彫りになった。大阪信金は「危険性を十分に理解していないことが背景にあるのではないか」と分析している。

 XPを使用し続ける理由は「XPのままで不自由しない」と答えた企業が64・4%で最も多かった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.