天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

14年スマホ国内出荷、初減少へ/個人向け伸び悩む

2014/03/18 17:48

 調査会社のIDCジャパン(東京)は18日、2014年の国内スマートフォン出荷台数が前年比1・0%減の3002万台となると発表した。スマホの国内出荷が前年実績を割り込むのは初めてという。普及が進み、個人向け市場で新規需要が減るのが主な理由だ。

 ただIDCジャパンは、法人向けが大きく成長することから15年以降は再び拡大し、18年には3691万台に達すると予測する。

 法人向けは、従来型の携帯電話からの買い替え需要で継続的に拡大するため、13〜18年の年平均成長率は27・1%と大きく伸びる見通しだ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.