天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

牛肉関税めぐり譲歩案の検討急ぐ/日豪EPAで自民西川氏

2014/03/18 11:34

 自民党の西川公也・環太平洋連携協定(TPP)対策委員長は18日、日本とオーストラリアの経済連携協定(EPA)交渉に関し「(両国が)歩み寄れないか考える」と述べ、今月末に予定されているロブ貿易・投資相の来日までに、オーストラリアが求める牛肉関税の引き下げで譲歩案の検討を急ぐ考えを示した。

 西川氏は、日本が求めている自動車関税の撤廃については「合意は近い」とする一方、日本の牛肉関税などは「残っているということは難しいということだ」と指摘。「どこまで歩み寄れるか、時間は短いがやっていく」とした。石破幹事長からは、合意に向けて努力するよう指示されたとしている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.