天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

GM、175万台をリコール/欠陥放置受けて調査

2014/03/18 09:12

 【ニューヨーク共同】米ゼネラル・モーターズ(GM)は17日、北米を中心に乗用車など計約175万台をリコール(無料の回収・修理)すると発表した。衝突時に側面のエアバッグが作動しなかったり、エンジンルームから発火したりする恐れがある。

 2月に公表した乗用車約162万台のリコールでは、2001年に欠陥を把握した後も放置し計12人が事故で亡くなったことが問題になった。あらためて調査した結果、別の理由でリコールを決めた。相次ぐ大規模リコールで消費者の不信感が高まるのは必至だ。

 GMは、14年1〜3月期決算で約3億ドルのリコール費用を計上すると明らかにした。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.