天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

中部電の値上げ幅査定方針了承/経産省、0・5ポイント以上圧縮

2014/03/14 19:06

 中部電力の家庭向け電気料金値上げを審査する経済産業省の専門委員会は14日、燃料費などの削減で値上げ幅の圧縮を求める査定方針を了承した。中部電が申請した平均4・95%の値上げ幅は修繕費の削減などで0・5ポイント以上圧縮されることが確実になった。

 現時点の削減額は120億円程度。経産省は今後、燃料費削減による圧縮額の計算に入る。最終的な圧縮幅は1ポイント前後となる可能性もある。内閣府の消費者委員会が消費者目線での検討を加え、経済産業相が3月末にも値上げ幅を決定、値上げ実施は5月1日以降になる見通し。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.