天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

米司法省もGMのリコールを調査/遅れで被害拡大か

2014/03/12 07:19

 【ヒューストン共同】米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)による乗用車約162万台の大量リコール問題で、米司法省が初期調査に乗り出したことが11日分かった。欧米メディアが報じた。

 リコール対象となった乗用車をめぐっては31件の事故と13人の死亡が報告されている。GMは2004年には車の欠陥を把握していたことが判明しており、司法省はGMが当局への情報開示を長期間怠ったことが被害を広げた可能性もあるとみて調べを進める。

 この問題をめぐっては米議会や道路交通安全局(NHTSA)が既に調査を開始している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.