天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

シャープ、米CATVと提携検討/業界首位、液晶テレビ供給

2014/03/11 09:13

 経営再建中のシャープが、米ケーブルテレビ(CATV)首位のコムキャストと提携し、液晶テレビを供給する検討に入ったことが11日、分かった。ケーブルテレビの受信機を内蔵したテレビを販売する。提携により、テレビの販売台数が年間100万台拡大する可能性もある。

 消費者向けは、海外メーカーとの価格競争で採算が悪化していることから、パナソニックと同様、安定した収益が見込める企業相手の取引を増やし再建を加速する。

 コムキャストは2月に、業界2位のタイム・ワーナー・ケーブルを買収すると発表した。契約者数は2千万強から約3千万に増えて米国で圧倒的な規模になる見込み。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.