天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

北陸電、火災の風力発電所廃止へ/福井の国見岳

2014/03/08 12:17

 北陸電力が、昨年12月に火災で風車が落下する事故が起きた北陸電力国見岳風力発電所(福井市)の廃止を経済産業省に届け出ていたことが8日分かった。北陸電は理由を「経年劣化によるトラブルが起きており、設備維持が困難になった」としている。

 北陸電福井支店によると、電気事業法に基づき廃止届を6日に提出した。4月1日を廃止の予定日としている。

 発電所2号機では昨年12月1日、火災により高さ約50メートルの支柱の頂上部から羽根計3枚が落下する事故が発生した。北陸電は原因を落雷と推定する調査報告書を経産省北陸産業保安監督署(富山市)に提出していた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.