天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

JR北海道社長が更迭を否定/「2月に辞意固めた」

2014/03/07 20:00

 政府がJR北海道の次期社長と会長の人事を決めたことを受け、退任する野島誠社長(57)は7日、札幌市の本社で記者会見し「2月中旬ごろ辞任の意向を固めた。国にも伝えていた」と述べ、「更迭」には当たらないとの認識を強調した。

 野島氏は辞意を固めた理由に、1月の事業改善命令や監督命令、2月に同社が鉄道事業法違反容疑などで告発されたことを挙げ「鉄道会社の資質を問われる状況を招いた責任を取るとともに、会社の再生は新体制で行うべきだと考えた」と説明。「全力を尽くしたつもりだが、結果が付いて来なかった」とも述べた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.