天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

エネ計画、与党作業チーム初会合/原発で主張に隔たり

2014/03/07 19:27

 政府が3月中の閣議決定を目指しているエネルギー基本計画に関する自民、公明両党の合同作業チームが7日、初会合を開き、原発の位置づけや再生可能エネルギーの取り扱いを議論した。

 両党の公約に沿って意見を集約していくことで一致したが、公明党は昨年7月の参院選で将来的な原発ゼロを公約に掲げるなど、両党間の主張には隔たりがあり、調整が難航する可能性もある。

 会合では、両党がそれぞれのエネルギー政策に関する公約を説明。公明党は、原発を新増設しないことや、再生エネルギーの数値目標を明記することを主張した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.