天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

農地維持で新交付金法案を決定/減反廃止で「直接支払い」

2014/03/07 11:47

 政府は7日、農地を維持するための活動を支援する交付金「日本型直接支払い」を新設する法案を閣議決定した。交付金は、耕作放棄地になるのを防ぐために雑草の刈り取りなどに充てる「農地維持支払い」と、用水路や農道の補修などに回す「資源向上支払い」の二つが柱だ。

 閣議決定はコメの生産調整(減反)廃止を柱とした農業改革の一環だ。

 「農地維持支払い」の支払単価は、10アール当たり最大3千円。「資源向上支払い」は農道の補修の場合で、10アール当たり最大2400円などとした。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.