天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

継続雇用月給、定年時の6〜7割/23・4%で最多、住生調査

2013/12/13 18:45

 住友生命保険は13日、60歳以上の雇用状況を企業や団体に尋ねた調査結果を発表した。定年を迎えた時点と比べた月給の水準に関しては「6割以上7割未満」との回答が23・4%で最も多かった。次は「5割以上6割未満」の21・6%。

 希望者は全員、少なくとも65歳まで働くことができる改正高年齢者雇用安定法の4月施行を受け、調査を実施。5割以上から7割未満での回答が計45・0%と半数近くを占めており、企業側が働く場を確保するとともに、定年後の収入を確保したい働く側の事情にもある程度配慮しているといえそうだ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.