天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

「復興を改革の契機に」/経済同友会代表幹事に長谷川氏

2011/04/27 21:10

 経済同友会は27日に総会を開き、代表幹事に長谷川閑史武田薬品工業社長を選出した。長谷川氏は総会で、東日本大震災からの復興について「日本の改革の契機にしたい」と抱負を語り、同友会として各種政策提言の実行力を高めていく方針を示した。

 総会後の記者会見で長谷川氏は、福島第1原発の事故に関し「東電だけの問題ではない」と指摘、支援策によっては電力各社の社債格付けにも悪影響を及ぼし民間での原発運営が困難になりかねないとの懸念を示した。

 復興財源に関しては緊急性の低い予算を見直した上で、足りない部分には税金を当てることもやむを得ないとの考えを示した。その上で「直接税ではなく間接税がいいのでは」と消費税を当てることに理解を示した。

 同友会はこの日の総会で柏木斉リクルート社長、小林喜光三菱ケミカルホールディングス社長ら4人の新副代表幹事を選出。勝俣宣夫丸紅会長、芦田昭充商船三井会長ら6人の副代表幹事は退任した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.