天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

被害者預金口座の照会が可能に/全銀協がサービス開始

2011/04/26 17:52

 全国銀行協会(全銀協)は26日、東日本大震災で亡くなったり、行方不明になったりした被害者の遺族や親族を対象に、被害者本人の預金口座を調べるサービスを28日から始める、と発表した。取引銀行が分からずに困っている遺族らの声に応えた。

 被害者の名前や生年月日、住所といった個人情報を、全銀協の「被災者預金口座照会センター(仮称)」に電話で伝え、口座が確認された場合、取引銀行から10営業日をめどに連絡がくる。信用金庫と信用組合の口座も5月中に照会可能になる予定。

 照会センターのフリーダイヤルは(0120)751557。受け付けは祝日を除く月〜金曜日の午前9時〜午後5時。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.