天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

賠償負担に難色、四電社長/「株主に納得されず」

2011/04/26 00:36

 四国電力の千葉昭社長は25日、松山市で記者会見し、東京電力福島第1原発事故をめぐる賠償の枠組みづくりで、東電以外の電力会社にも負担を求める案が検討されていることに関し「東電救済のための枠組みでは株主にもお客様にも納得してもらえない」と述べ、難色を示した。

 千葉社長は、大災害の際は国が補償することになっている、と指摘。同時に「将来のリスクへの保険料としてお金を出し合いプールするなら理解も得られる」との考えも示した。

 また、今後の賠償問題や事故対策費として、電気料金が値上がりすることは否定できないとの見解を示した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.