天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

作付け断念で東電に損害賠償要求/葉タバコ農家の団体

2011/04/22 16:49

 全国たばこ耕作組合中央会の寺井正邇会長や福島県たばこ耕作組合の渡辺実組合長らが22日午後、東京電力本店を訪れ、福島第1原発事故による影響で、福島県全域で葉タバコの作付けを断念したことなどに伴う損害賠償を求めた。

 寺井会長は東電の広瀬直己常務と面会後、記者団に「農家の生活がかかっており、補償を早急にしてほしい」と語り、生産断念による損害額は45億〜50億円に上ることを明らかにした。

 福島県の葉タバコ農家は、福島県が放射性物質の拡散防止のため耕運作業を行わないよう指示したことを受け、作付けを断念していた。

 東電の広瀬常務は「(国の)指針が出た後、素早く対応したい」と述べた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.