天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

米風力発電に出資、伊藤忠と住商/世界最大級

2011/04/19 16:47

 伊藤忠商事と住友商事は19日、米国で世界最大級の風力発電事業に出資した、と発表した。大型風力発電施設の建設や運営の技術を吸収する狙い。福島第1原発事故の影響で、原子力に代わるエネルギー源の開発が急務となっており、日本国内での風力発電事業の拡大につなげる。

 米国での事業は、米電機・金融大手のゼネラル・エレクトリックなどが手掛ける。伊藤忠、住商はそれぞれ約170億円を出資し、権益の一部を取得する。

 風力発電施設は米オレゴン州で、2012年夏の完成を予定。敷地面積は約80平方キロメートルで、風力発電機を338基備える。総発電容量は845メガワットで、米国の一般家庭で約24万戸に供給できる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.