天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

自販機の冷却を輪番で停止/コカ・コーラ、節電対策

2011/04/15 19:34

 清涼飲料最大手の日本コカ・コーラが夏の節電対策
 清涼飲料最大手の日本コカ・コーラが夏の節電対策

 清涼飲料最大手の日本コカ・コーラは15日、夏の節電対策で、午前10時から午後9時までの時間帯に東京電力管内の自動販売機約25万台の冷却運転を輪番で停止すると発表した。6月上旬から9月末まで実施し、使用電力量を前年同期比で33%減らす。

 業界団体の全国清涼飲料工業会(東京)は同日、東電管内の飲料自動販売機約87万台の使用電力量を午前10時〜午後9時は25%削減すると発表。サントリーホールディングスは自販機や工場の使用電力を25以上%減らす計画を検討中だ。自販機は、東京都の石原慎太郎知事が電力使用量が大きいとして問題視していた。

 コカ・コーラはもともと夏場は午後1〜4時は冷却運転を止めていたが、電力不足を受け節電策を強化する。具体的には自販機を3グループに分け、午前10〜午後1時、午後4〜6時、午後6〜9時の停止時間を追加し、順番に冷却を止める。

 同社は「3台に1台が常に冷却を停止することになるが、冷蔵庫の野菜室と同程度の温度を保てる」と話している。

 東電管内の8工場も1週間に2日連続で休む日を設け、電力を25%削減する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.