天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

LED照明で25%節電/コンビニ各社が行動計画

2011/04/14 20:11

 セブン―イレブン・ジャパンなどコンビニ各社は14日、今年夏の電力不足に対応するため節電の自主行動計画を発表した。東京電力管内の店舗を中心に照明を発光ダイオード(LED)に切り替えたりして、夏の電力使用量を前年同期比で25%減らす。

 セブンは約100億円を投じ、夏までに5千店の店内照明や店頭看板をLEDにするほか、千店に太陽光パネルを設置。店内機器の使用電力を把握するセンサーを使って店員に節電を促す。東電管内の店舗数は約6千店で、LEDなどへの切り替えは古い店舗を優先する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.