天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

東電問題、政府は賠償免責検討を/全銀協会長

2011/04/14 21:04

 全国銀行協会の奥正之会長(三井住友フィナンシャルグループ会長)は14日の記者会見で、東京電力の福島第1原発事故で見込まれる巨額の損害賠償について「本件は(免責の対象となる)異常に巨大な天災地変に当たると考える余地は十分にある」と指摘。「政府の関与が必要だ」と述べた。

 原子力損害賠償法には巨大な自然災害などの場合に電力会社を免責する例外規定がある。

 一方、枝野幸男官房長官は東電への免責適用を否定しているが、日本経団連の米倉弘昌会長も免責の適用を訴えている。

 奥氏は、東電への融資について「(大手銀行で)2兆円近い融資をした。公益事業と日本の産業を守ることに社会的使命を感じて融資している」と語った。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.