天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

経産省、被災商店街復興へ補助金/応募多く第2弾

2011/04/09 18:11

 経済産業省は9日、東日本大震災で被災した商店街を対象に、アーケードの補修やがれきの撤去に必要な費用を補助する方針を明らかにした。3月下旬に同様の事業を実施したばかりだが、応募が殺到したため、第2弾を打ち出すことにした。地域社会の中心でもある商店街の迅速な復興を後押しする。

 1件当たりの補助金の上限は500万円(施設の補修は上限100万円)で、2011年度の商店街振興関連の予算2億円の中から充てる。全額が補助対象になる。募集は11日から22日まで。

 前回は、10年度予算から事業費をかき集めたことから、被災商店街は年度末の3月末までに事業に着手しなければならず、募集期間はわずか3日間しかなかった。それでも多くの応募が寄せられ、86件の交付を決めた。

 このうち被害が大きかった岩手、宮城、福島県で49件。津波の被災地で「障害物の除去」が多かったほか、「アーケード天井の修繕」「モニュメント台座の補修」「流失した看板の新設」などの事業があった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.