天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

中国、グーグル関連企業を調査/脱税の疑い

2011/04/07 21:49

 【北京共同】中国の税務当局は、北京や上海にある米インターネット検索大手グーグルの関連企業3社について脱税の疑いで調査を始めた。中国メディアが7日報じた。

 グーグルは昨年3月、中国当局による検閲に反発して中国本土での検索サービスから撤退。3社は広告事業などを展開している。税務調査は中国からのグーグル排除を加速する狙いがあるとみられる。

 中国紙、21世紀経済報道などによると、3社は偽造領収書を使い、事業と無関係な費用を経費として計上するなどして総額4千万元(約5億円)以上を脱税した疑いが持たれているという。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.