天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

首都圏、ビール品薄に/工場被災、停電も影響

2011/04/07 05:32

 地震で倒壊した仙台市内のビール工場の施設。建物屋上には大勢の従業員が避難している=3月11日、共同通信社ヘリから
 地震で倒壊した仙台市内のビール工場の施設。建物屋上には大勢の従業員が避難している=3月11日、共同通信社ヘリから

 首都圏のコンビニやスーパーの一部店舗で、ビールの品薄状態が続いている。東日本大震災で関東、東北の工場が被災した上、計画停電の影響で生産管理にも支障が出ているためだ。花見や歓送迎会の季節を迎え、メーカーの広報担当者は「これから売れる時期なのに」と頭を抱えている。

 配送センターから商品が届くのが週6日から3日になり、ビールが品薄となっている東京都内のコンビニ店長は「メーカーによって入荷する時と、そうでない時があるようだ。お酒を求めているお客さんは多いのですが」と困惑していた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.