天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

東京金、28年ぶり4千円台/安全資産に傾斜

2011/04/06 17:23

 東京・銀座の貴金属店で販売される重さ1キロの金地金
 東京・銀座の貴金属店で販売される重さ1キロの金地金

 6日の東京工業品取引所の金先物市場で、指標となる2012年2月渡し価格が続伸し、一時1グラム=4003円まで上昇し、1983年2月以来、約28年ぶりに4000円台を付けた。

 清算価格は前日比87円高の3993円。リビアなど中東・北アフリカ情勢に端を発した原油の高止まりや、欧州の財政問題再燃を背景に、安全資産とされる金市場に資金が流入している。対ドルで円安が進んだことも要因となった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.