天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

東証反落、9700円割る/震災の影響を見極め

2011/04/05 11:25

 5日午前の東京株式市場は、東日本大震災が今後の企業業績に与える悪影響を見極めようとするムードが強まって、日経平均株価(225種)が反落。下げ幅は100円を超え、9600円近辺まで値下がりして午前の取引を終えた。

 午前終値は前日終値比112円17銭安の9606円72銭。全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は13・09ポイント安の846・66。

 震災から3週間あまりが経過しても、企業が震災の打撃の全容を把握できていないため、買いが手控えられた。東京電力の福島第1原発で放射性物質を含む水の放出が始まるなど、汚染が一段と拡大していることも悪材料となった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.