天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

東電株が上場来最安値更新/一時376円、59年半ぶり

2011/04/05 10:21

 5日午前の東京株式市場で、東京電力の株価が一時、376円となった。東電によると、1951年12月11日に付けた終値としての上場来最安値(393円)を、約59年半ぶりに下回った。福島第1原発事故で放射性物質を含む汚染水の海への放出に踏み切ったため、漁業関係などの賠償額がさらに拡大し、経営を圧迫するとの思惑が働いた。

 東電株は午前9時の取引開始前から売り注文が殺到。約15分後に前日終値比24円安の418円で値が付いた。買い戻しの動きも出てやや下げ幅を縮めたものの、じりじりと値を下げた。

 市場関係者は「市場の思惑に大きく左右されて取引されている。当面は激しい値動きが続く」とみている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.