天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

東北のガソリン、中旬にも正常化/石油連盟が見通し

2011/04/01 20:06

 石油連盟の天坊昭彦会長は1日の記者会見で、東日本大震災でガソリン不足が続く東北地方の状況について、既にガソリンスタンドの約8割が稼働していると説明した上で「今月中旬には正常化する」との見通しを示した。

 石油連盟は今後、各石油会社の被災地でのガソリンスタンドの営業情報を随時取りまとめ、関係自治体に提供する予定。

 また天坊会長は、ガソリン価格が3カ月間連続で160円を超えた場合にガソリン税の上乗せ税率分の課税を停止して価格を下げる緊急措置について、廃止すべきだとの認識を示した。

 緊急措置が発動されれば大幅な税収減となるため、政府内には措置を廃止して震災復興財源を確保する必要があるとの声がある。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.