天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

電力使用25%削減で調整/経産省と産業界

2011/04/01 12:55

 経産相が節電を呼び掛け、薄暗くなった東京・丸の内のオフィス街=3月17日
 経産相が節電を呼び掛け、薄暗くなった東京・丸の内のオフィス街=3月17日

 経済産業省と日本経団連など産業界が、電力不足が予想されている夏場の節電計画について、ピーク時の電力使用量を前年比25%削減する方向で調整していることが1日、分かった。4月末にまとめる政府の節電対策に盛り込みたい考えだ。経済界の自主的取り組みを推進することで、操業計画を立てにくい計画停電の実施をできるだけ回避するのが狙いだ。

 東京電力では福島第1原発事故などで電力供給力が大幅に減っており、経産省は夏場に確保できるのは4500万キロワット程度と推定。東電はピークの需要を5500万キロワットと見込んでいるが、経産省は猛暑になった場合、昨夏のように6千万キロワット程度に増加する恐れがあるとみており、需給格差を埋めるには25%の削減が必要としている。

 産業界では、経団連が企業や業界ごとの節電策を積み上げる「電力対策自主行動計画」(仮称)の策定に着手。海江田万里経産相は1日の記者会見で「(産業界と)意見交換をしてから方針を決めたい」と説明した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.