天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

伊藤ハムが申告漏れ/輸入豚肉で2億8000万

2005/06/28 10:07

 豚肉差額関税の脱税事件で関税法違反(脱税品譲り受け)の罪で起訴された大手食肉加工会社「伊藤ハム」(兵庫県西宮市)が大阪国税局の税務調査を受け、2003年3月期までの5年間に約2億8000万円の申告漏れを指摘されていたことが28日、分かった。

 国税局は大半を仮装・隠ぺいを伴う所得隠しと認定、重加算税を含め約1億円を追徴課税(更正処分)したもようだ。

 豚肉差額関税の脱税事件では、伊藤ハムに豚肉を販売した食肉輸入会社が、実際より高い単価を輸入申告書に記入して税関に提出、内外価格差にかかる差額関税を免れたとされる。

 関係者によると、伊藤ハムは食肉輸入会社から購入した豚肉の一部について、高く偽装された単価を基準に仕入れ値を設定、経費を水増ししたとみられる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.