天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

石狩開発が民事再生法申請/北海道など出資の三セク

2002/10/31 18:49

 北海道や札幌市などが出資している第三セクターの土地開発会社、石狩開発(石狩市、大橋良二社長)は31日午後、自主再建を断念し、札幌地裁に民事再生法の適用を申請、再生手続きの開始決定を受けた。

 今年3月末現在の負債総額は約642億円で、実質的には300億円以上の債務超過に陥っていた。

 同社は、道と日本政策投資銀行が4億円ずつを出資する筆頭株主で、同銀行やみずほ銀、北洋銀など14金融機関が融資、1978年から石狩湾新港地域で工業用地などの分譲を始めた。

 しかし同社によると、バブル経済の崩壊の影響を受けて土地の売れ行きが激減、借入金の利子負担に耐えられない状態となった。金融機関などと債権放棄などの支援策を協議してきたが、放棄額などの折り合いがつかず不調に終わり、筆頭株主の道の意向を受け、民事再生法の適用申請による法的整理を決めた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.