天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

興銀会長がメリル会長へ/新たな事業機会の創出を

2002/03/28 17:40

 米証券大手メリルリンチの日本法人メリルリンチ日本証券は28日、守屋寿会長(60)が相談役に退き、日本興業銀行の藤沢義之会長(65)が6月1日付で会長に就任すると発表した。

 大手邦銀のトップが外資系証券のトップに転身するケースは珍しいという。

 藤沢氏は、みずほフィナンシャルグループの再編完了を前に3月29日付で興銀会長を辞任、4月1日にメリル顧問に就任した後、会長となる。興銀での経験を生かし、顧客との関係強化や新たな事業機会の創出に取り組む。

 メリルによると、1991年からメリル日本法人のトップを務めてきた守屋氏は、自身の退任を念頭に数年前から藤沢氏と接触を続けてきたという。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.