出荷停止など撤回求め署名6万人/電気グルーヴの作品巡り

2019/04/15 22:53

 

 保釈され、東京湾岸署前で報道陣の前に立つピエール瀧(本名・瀧正則)被告=4日午後

 保釈され、東京湾岸署前で報道陣の前に立つピエール瀧(本名・瀧正則)被告=4日午後

 麻薬取締法違反の罪で起訴されたミュージシャンで俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)被告(52)が所属するバンド「電気グルーヴ」の作品を管理するソニー・ミュージックレーベルズに対し、社会学者の永田夏来さんら有志が15日、作品の出荷停止や在庫回収などの撤回を求める約6万4千人分の署名を提出した。

 一方、日本ペンクラブ(吉岡忍会長)は同日、こうした事態に対し「作品に罪はない」とする声明を発表。「表現者たちは作品の発表の場を奪われ、表現の自由が侵されている」とした上で、映画配給会社やテレビ局など関係企業に対し「事なかれ主義の自主規制に走らぬよう切に願う」と訴えた。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459