インドでアニメ・コスプレの祭典/400人が日本文化をPR

2019/03/24 20:48

 

 24日、インド南部ベンガルールで開かれた「コスプレウオーク」で、思い思いの衣装を身に着けた参加者ら(共同)

 24日、インド南部ベンガルールで開かれた「コスプレウオーク」で、思い思いの衣装を身に着けた参加者ら(共同)

 【ベンガルール共同】IT産業の世界的な拠点として知られるインド南部ベンガルール(バンガロール)で24日、日本アニメのファンらがコスプレ姿で歩道を練り歩く「コスプレウオーク」が開かれた。昨年に続く2回目の開催で、インドの若者や在留邦人ら約400人が日本文化をPRした。

 バーチャル歌手「初音ミク」になりきった会社員ラニタ・サハさん(30)は「学生時代から日本のアニメや文化が大好き」と満足げ。

 イベントは在ベンガルール日本総領事館が主催。侍姿で参加した北川隆行総領事は「オープンな都市だからこそできるイベント。日本を知るきっかけになってほしい」と話した。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459