米当局、グラミー賞候補を拘束/不法滞在容疑

2019/02/05 10:26

 

 米ニューヨークで開かれたイベントに参加した21サベージ容疑者=2018年11月(ゲッティ=共同)

 米ニューヨークで開かれたイベントに参加した21サベージ容疑者=2018年11月(ゲッティ=共同)

 【ロサンゼルス共同】米メディアによると、今年の音楽の祭典グラミー賞候補にノミネートされ、注目を集めている若手ラッパー、21サベージ容疑者が4日までに移民・税関捜査局に拘束された。英国出身で2005年に合法的に入国した後、ビザ(査証)が切れたまま不法滞在していた疑い。

 報道によると、移民・税関捜査局は3日早朝、南部アトランタでの取り締まりで21サベージ容疑者を拘束し、強制送還に向けた手続きを始めた。弁護側は「(容疑者は)恵まれない人々への支援活動に従事するなど若者の模範となっている」として釈放を求めている。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459