小4菫さん、井山裕太棋聖と対局/最年少プロ入り控え

2019/01/06 18:25

 

 「新春囲碁フェスティバル」の記念対局を終え、写真に納まる井山裕太棋聖(左)と仲邑菫さん=6日午後、大阪府東大阪市

 「新春囲碁フェスティバル」の記念対局を終え、写真に納まる井山裕太棋聖(左)と仲邑菫さん=6日午後、大阪府東大阪市

 史上最年少でのプロ入りを決めている小学4年仲邑菫さん(9)と井山裕太棋聖(29)の記念対局が6日、大阪府東大阪市であった。菫さんはハンディをもらったものの時間切れとなり、引き分けで終わった時には井山棋聖が優勢となっていた。対局後の記者会見では悔しそうな表情を浮かべつつ「うれしかった」と振り返った。

 菫さんとそろって会見した井山棋聖は「自分が9歳の時とは比べものにならないくらい強い。天下を狙える才能だと感じた。今後も楽しみにしている」と期待を寄せた。

 記念対局は井山棋聖の出身地の東大阪市で開かれた「新春囲碁フェスティバル」の行事の一つ。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459