森鴎外の妹宛て書簡見つかる/血縁星新一さん遺品から

2018/01/11 17:57

 

 森鴎外が妹に宛てた書簡(新潮社提供)

 森鴎外が妹に宛てた書簡(新潮社提供)

 文豪森鴎外が妹の小金井喜美子に宛てた、全集未収録の書簡1通が見つかったことが11日、分かった。喜美子の孫で、1997年に亡くなった作家星新一さんの遺品を整理する中で発見されたという。

 書簡は鴎外の晩年に当たる20年1月20日付で「美しき座蒲団一枚」を内祝いとして贈られたことへの礼がつづられている。通常は内祝いを受け取らなかったが、座布団は「入用品」だったと感謝。いかめしい漢文体の一方で花柄の封筒が使われており、妹思いだった文豪の意外な側面がうかがえる。

 18歳まで喜美子と同居していた星さん。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459