京都、平安宮豊楽殿の規模確定/平城宮大極殿を移築か

2015/12/01 18:34

 

 平安宮の「豊楽殿」の遺構から見つかった、石を並べて整地した跡=京都市(京都市文化財保護課提供)

 平安宮の「豊楽殿」の遺構から見つかった、石を並べて整地した跡=京都市(京都市文化財保護課提供)

 京都市文化財保護課は1日、京都市中京区にあった平安宮の供宴用施設「豊楽殿」の規模が確定し、大きさや構造が一致する平城宮(奈良市)の第2次大極殿が移築されてきた可能性があると発表した。

 平城宮で745年以降に建てられた第2次大極殿は、解体後どこに移築されたか、よく分かっていない。同課の担当者は「大きさが一致し、驚いた。第2次大極殿の移転先として、豊楽殿が有力候補となることは間違いない」と話している。

 豊楽殿の中心部の遺構から、地盤沈下を防ぐため礎石の下に石を並べて整地した跡が、9カ所見つかった。建物の中心部の柱間は約4・5メートルだったことが新たに判明。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459